主婦のお小遣いの使い方が気になる人へ!

主婦のお小遣いは平均1万5千円

専業主婦のお小遣いは、平均的に1万5千円だと言われています!

 

しかしこれは、年齢層が高くなると、お小遣いも高くなる傾向があり、30代では1万円以内というケースも多いそうです。
中には、5千円程度の専業主婦も多くいます!

 

若い夫婦ほど、やはり経済的に苦しく、お小遣いも少ない傾向があります。

 

 

特に現在の30代の場合、【就職氷河期】を迎えた世代で、正社員に就いている人が非常に少なく、非正規雇用で働いている人も多数います。
こうした状況では、お小遣いを上げたくても、なかなかあげられないというのが、現状だと思います。

 

それ以上の世代になってくると、やはりバブル時期を経験した層などは、お小遣いも高くなる傾向があります。
今の30代の夫婦の場合、特にお小遣いが少ないのも仕方ない傾向があります。

 

そのため、30代の夫婦は、共働きをしているケースも多く、【お小遣いを貰う】のではなく、自分のお小遣いは自分で稼ぐ人が多くなっていると思います。

 

旦那さんが高給取りの場合は別ですが、やはり旦那さんのお給料だけでは厳しい場合、女性も働きに出るケースが多くなっています。
特に住宅ローンを組んだ人は、どうしても家計を圧迫するため、共働きが望ましくなってきます。

主婦から共働きへ

結婚後は専業主婦に憧れた一方、実際に専業主婦になって見ると、【自由になるお金がない!】と気づく人が多くなってきます。

 

旦那さんが沢山お小遣いをくれるのであれば、専業主婦になっても楽しいと思います。
しかし、お小遣いがほとんどないとなると、生活に息苦しさを感じるようになり、次第に外へ働きに出たくなってくる人が多いです。

 

 

 

特に独身時代に、好きな物を買って人生を謳歌していた人は、専業主婦になってからわずかなお小遣いで旦那さんに遠慮をしながら買い物をすることが耐え切れなくなってくるケースがあります。

 

住宅ローンのように家族のために大きな買物をした場合は、どうしても専業主婦も「お小遣いが少ない」なんて言えなくなってしまいます。
やはり旦那さんも、少ないお小遣いでやりくりしているわけですから、主婦の場合は特に我慢をすることになると思います。

 

元々物欲がなかった人は良いですが、買い物が趣味だった人なんかは、ストレスがが溜まってしまいます。
そうなってしまうと、女性は専業主婦でいるよりも、外に共働きをしに出ていく方が、精神的にも楽になってくることがあります。

 

特に子供がいない専業主婦などは、時間も沢山あるので、考えてしまうと思います。

大きな買物が出来ない悩みも!

専業主婦のお小遣は、1万円前後が多いですが、その程度のお小遣いだと、問題になってくるのが【大きな買い物】です。

 

子供の入園式や卒園式のスーツ、ちょっと高い鞄など、自分のお小遣ではちょっとハードルが高い買い物は、旦那さんに要相談になってしまいます。

 

根性がある人だったら、1万円のお小遣いを貯めて、購入することも可能かもしれません。

 

しかし、やはり何万円もするようなバッグを買うとなると、かなりの出費になってしまいます。
ほとんど数か月の間、何も買わないで我慢するくらいの根性がないと、なかなか買えないですよね。
専業主婦は、自分で自由になるお金がないのがネックです。

 

結婚前に、貯金をしていた人は、貯金を切り崩したりしてやっていく人が多いと思います。
しかし、貯金がない人は、旦那さんに相談するしか方法がありません。

 

これが非常に言いにくいことだと思いますので、遠慮しがちな女性は、なかなか相談すらできないと思います。
旦那さんがお小遣いを我慢しているのに、自分は何万円もするバッグが欲しいとはやはり言いにくいですよね。

 

やはりそういうことが積み重なっていくと、女性は自由になるお金を求めて、アルバイトなどを希望するようになっていきます。

どうしても必要な場合はカードローンも

特に冠婚葬祭など、どうしても大きな費用が必要になってしまった時に、旦那さんからもあんまり良い返事がもらえなかった時には、すごく焦ってしまいます。

 

 

旦那さんも、「お金がないものは出せない」と困ってしまっている時には、旦那さんの同意を得て、銀行系のカードローンを申し込んでみるのも一つの手段です。

 

 

 

この際、専業主婦が注意をしないといけないのは、
【消費者金融系のキャッシングではなく銀行系のカードローン】を利用するということです。
というのも、消費者金融系のキャッシングは、総量規制の影響で、無職の専業主婦は借り入れを禁止されています。

 

しかし、銀行系のカードローンは、総量規制の対象外なので、旦那さんにある程度の収入があり、同意が得られるのであれば、専業主婦でもカードローンを組むことが出来るのです。
旦那さんに黙ってカードローンを作るのは良くないですが、やはり相談をして「万が一のために持っておきたい」と同意を得られれば、銀行系のカードローンは金利も安いので、持っていて無駄ではないと思います。

 

お小遣いの少ない専業主婦にとっては、カードローンが最後の砦になる可能性もあります。
その際、旦那さんにもよく相談して、借入枠を少額で希望しておくのも良いと思います。

 

 

即日入金 キャッシング